CR花の慶次攻略法考察2 − 攻略法は最大限に活かすべし!

スポンサードリンク
今巷に出回っているデジパチの攻略法は、対象としている機種の特性上、デジタル画面の演出にそのトリガーが置かれていることがほとんどですから、何よりも先ずデジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすい台を掴まないと、攻略法を活かすことができません。

そこで台選びに是非とも利用したいのが、機種の損益分岐点を表す”ボーダーライン”。投資1000円に対して収支が0になるデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへの入球数を示したボーダーラインは、台選びの明確な基準として唯一と言えるものになります。

感覚だけに頼って台選びをしてきた人がこの基準に従って台選びをするようになったら、それだけで勝てる可能性が大幅にアップするわけですから、利用しない理由はどこにもありませんよね。そのボーダーライン、CR花の慶次では以下のようになっています。

【CR花の慶次 S-V ボーダー ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円: 23回転
換金率:3.0円: 21回転
換金率:3.5円: 20回転
換金率:4.0円: 18.1回転

そして攻略法を最大限に活用する意味で、これらの回転数+3〜+5となるような台を見つけることも大きなポイント。逆に、ボーダーを下回るような台しか見つからないようなホールなら、行きつけであってもきっぱりと見切りをつけて、他の良いホールを探すべきです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。